上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF6446.jpg


添い寝の味を覚えてしまったボクちゃん。
おっぱいを吸いながらウトウトするのが大好きな今日この頃。


ただ、るるはユメが心配なのです。

そばにひっついてるだけならいいけど
顔や手足をなめたがるから、ちょっと怖いなぁって。

スキあらばボクちゃんにベタベタしたがるユメ。
この前までボクちゃんに向かって吠えてたのに・・・。

いつの間にかユメはすっかり【お姉ちゃん】になったようで
泣けば心配してベッドを覗きに行くようになりました。


もう少しボクちゃんが大きくなるまで
ユメがボクちゃんに触るのは我慢してねぇ~(;´Д`)

そうユメに言い聞かせて(たぶん解かってない)
添い寝するときはユメはお部屋に入れないように・・・・。




今日もボクちゃんがあまりにぐずぐずするので添い寝しつつ
気づくとるるも寝てました(汗)


ひんっひんっ・・・・(‥、)

とハラペコ大魔王(ボクちゃん)の泣き声に
(;・∀・)ハッ?寝過ごした??
とびっくりして飛び起きると・・・・・


るるとボクちゃんの間にユメが(笑)




しかもユメもしっかり仰向けで寝てるし。。
腕枕してあげてるし(笑)


ボクちゃんはお腹がすいてないてるけど(笑)
泣き出すまではコレで寝てたのよね・・・・(;´Д`)



おかしくてしばらく眺めてたら
ボクちゃんがユメの腕におっぱいを捜し始めて
咥えようとするから


おっとっとっと・・・・


あわてて引き剥がしてるるのおっぱいを飲ませました。


ユメは「私が添い寝してあげた!<( ̄^ ̄)>」とでもいいたげな
なんとも偉そうな顔をしておりました(笑)
関連記事

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。