上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
008.jpg


小学校の運動会でした。
来年1年生になるムスコは、運動会のプログラムにかけっこがあります。

初めての場所で、しかもたくさんの人の中で・・・・
私から離れて、走れるかどうか・・・それが一番の心配でした。


とりあえず、お友達のお兄ちゃん・お姉ちゃんが見たくて
9時から開会式だというのに8時から体操服を着て行く気満々。

ムスコのかけっこに至っては10時半集合ですよ~(・_・;


でも、お友達のお姉ちゃんに「見に行くね」と言ったし
学校の雰囲気になれるためにも少し早目がいいかと思って
ムスコと歩いて出かけてきました~。


長文なのでたたみます。。。。
時間まで楽しそうにお友達の家族のところで遊んでたのに
集合時間になって、入場もんへ行くと・・・
やっぱり座り込んでしまったムスコ。

「一人で走れない」とぐずっていたようです。

幼稚園の先生もきてくれていたので、ずっと説得?してくれてて
みんなと一緒にスタート地点に立つことができました。

ムスコにはちょっと長い距離のかけっこ。

「ようい!ピー!」

の笛の音で、なんとか一人でスタートを切ったものの
半分くらいのところで減速。。。。
それでも、止まらず、歩かず、ビリでゴール。


ゴールしてからも、立ち尽くすムスコ。
多分あの様子ではビリだったのが悔しかったんだ。

途中で減速したのも、みんながゴールするのがわかっちゃったから。


そんなムスコに気づいて、先生がスタート地点から駆けつけてくれた。
最後は先生におんぶしてもらって退場。



スタートするまでもすごく先生が声をかけてくれていたし
ゴールしてからも、先生がずっとついててくれて。。。
また先生に迷惑かけた。。。

とちょっと沈み気味でムスコを迎えに行くと・・・・・

先生が笑顔で
「頑張ったよ~~~~!!一人で最後まで走れたもん!!」
といってくれたんです。

ああ、そうだ。

ムスコ、頑張ったんだ。



幼稚園の運動会のリレーでも、先生に手をつないで走ってもらうこともあるから
たしかに、そんなムスコがはじめての小学校の大きなグランドで
一人で走れたのは頑張ったんだよね。


初めての場所で、いつもならできないと座り込むか逃げ出すのに
ビリでも止まらず、一人で走りきったんだ。

それを褒めてあげなくちゃいけないのに
私はまた、できなかったことばかり考えてしまってた。

反省。






帰り道。。。。。

「ボク、くやしくて泣いちゃった。。。」
とゴールで立ち尽くしてた時の気持ちを話すムスコ。


「ママは、ムスコくんが1番になることよりも
自分の力で頑張って走れたことが一番嬉しいよ。
1番になるよりも嬉しい。」

そう言うと、ムスコは少しテレていました。

素直にムスコが走りきったことを喜べるのも
先生のおかげです。

小さなことでも、他の子が当たり前にできることでも
できたことをすごくほめてくれる先生に、本当に感謝です。

少しずつでも前に進んでると感じさせてくれる先生。
本当に先生のおかげで、最近私も前向きに頑張れています。


そう、ムスコのペースで成長していくのを
私は暖かく見守ってあげればいいんだったんだ。
私があせっちゃいけないね。
関連記事

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。